だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 「ヤマトナデシコ」とは「河原撫子=カワラナデシコ」のこと | メイン | 雨に濡れる絶世の美女「西施」 »

2008年7月10日 (木)

「オオカミ=山犬」に寄せる信仰

 Inoshishi 佐久間に限らず山間地の耕作は「焼畑」が中心。そのため、イノシシの害にはほとほと手を焼いていました。イノシシの侵入を防ぐために、山林と耕地との境に猪垣(ししがき)を築いたり猪堀(いぼり、ししぼり)を掘ったりしたのだそうです。浦川地区川上の本村にはその堀跡が残っているとか。また、カコ(ぼろきれ)を燻して臭気を漂わせたり、「夜追い小屋」を設けて板木や空かんを打ち鳴らすなど、さまざまな防御策を講じたそうですが、それでも食害はなくならなかったようです。

 「焼畑」にとって、イノシシや鹿、猿などを捕食するオオカミはWolf_2益獣でした。「オオカミ=山犬」信仰の「山住神社」からお札を受けてきて、畑の畦に立てたりもしました。お犬さまのお姿を木版刷にしたお札を今でもよく見かけますが、これを立てておけば山住さまが畑の番をして野獣を追い払ってくれると信じられていたのだそうです。

 昭和27年の佐久間ダム建設の時には、周囲のイノシシが、いっせいに愛知県東栄町方面へ移動し作物に多大な被害を与えました。この獣害を避けるため山住神社の小祠が集落ごとに祭られ、奥三河一帯にも山犬信仰が広がったそうです。さて、効果のほどはいかがだったのでしょうか?

 そう言えば最近、イノシシによる食害が増えているとか・・・。

 ●さあ、またまた難読地名です。「大嵐」と書いて・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」は、山の暮らしや文化を・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」の2階には・・・
 ●「天竜川」ですか?「天龍川」ですか?・・・
 ●岡谷市教育委員会は26日・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」には「三信遠鹿うち神事分布図」なるものが・・・
 ●少し前までの日本では、既製服とは別に、ミシンを踏んで・・・
 ●葛飾北斎の描く「冨嶽三十六景 遠江山中」―巨大な材木に乗って・・・
 ●以前、この「耳寄りブログ」の記事の中で・・・「さくま郷土遺産保存館」で見た・・・
 ●昭和8年の三信鉄道の折に発掘された「半場(はんば)遺跡」からは・・・
 ●あなたは、鍬(くわ)について考えてみたことがありますか?・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」の2階は「佐久間のあけぼの」コーナー・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」第4コーナー「ふる里の歳時記」の・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」の第2コーナー「天竜美林を育てた人々」には・・・
 【関連記事】木材を運ぶソリ―「木馬(きんま)」
 ●「鋸=のこぎり」の呼び名について、こんな逸話が・・・
 【関連記事】自然と共生 中宮集落の暮らし映す 『出作り小屋』復元進む
 【関連記事】「下刈鎌」で草刈り
 【関連記事】収穫の秋の喜びを伝える「鍬」
 ●信州や佐久間の山から伐り出された木材のほとんどは、「筏(いかだ)」に組んで・・・
 ●かつての佐久間の農耕は「焼畑」が中心。山を焼く時には・・・
 ●旧暦(陰暦)10月、全国の八百万(やおよろず)の神様が打ち合わせのため出雲大社に・・・
 ●「綱場(つなば)」という言葉をご存知ですか?「綱場」とは・・・
 ●昨日は「杉落葉」の利用法を紹介しましたが、今回は「杉皮」―杉の樹皮の利用です・・・
 ●「さくま郷土遺産保存館」の壁に「狼のお札」が・・・
 ●「釜の神様のお帰り(十一月朔日)」―釜の神に供えたツトの柿を・・・
 ●「筏(「いかだ)」について書いたばかりですが、「さくま郷土遺産保存館」で・・・
 ●「荷棒(にんぼう)」について調べてみました。「荷棒」とは・・・
 【関連記事】「ユルギ」とは「いろり」のこと
 【関連記事】ペッタン♪懐かしい餅つきは「臼と杵」
 ●「小正月=もちい」とは旧暦の正月のことで・・・
 ●「小正月」の行事の一つに「道具の年取り」と呼ばれるものがあります・・・
 【関連記事】「修羅」の上を滑り落ちる丸太
 ●「節分」について、もう少し・・・
 【関連記事】「山の講」と「針供養」
 ●2月8日は「コト八日」の送り神・・・
 ●3月3日、女の子のいる家で、座敷に雛人形を飾り・・・
 【関連記事】佐久間に残された「王子製紙」の遺物
 ●路傍に建つ石仏は一見同じように見えますが、実は、地蔵、馬頭観音、庚申仏、観世音菩薩・・・
 【関連記事】北遠の「五月節供」は「天神様」と「朴葉餅」
 【関連記事】「虫入り」「金物節供」―山里の習俗
 ●7月7日は「七夕」です。昨年、佐久間町の「七夕」では「帯と着物を盆の上に・・・
 【関連記事】碾き臼を廻したことがありますか?

 ●水窪町の「山住神社」春の例大祭が、4月17日(金)に・・・
 ●「山住神社」の「春の例大祭」が4月17日に催されました・・・
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」7.土俗信仰(2)おいぬ様

 【関連記事】尻尾を丸めた明光寺峠の「お犬様」
 ●昔、この部落では害獣が出て困窮致し「のんで川」の名犬シロを奉りました・・・

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報