だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

だいすき 春野

  • 民俗芸能 民話
    信仰と習俗 まつり
    史跡 町並・建造物
    学ぶ施設 道
    湧水・川辺 花・樹・森
    癒しの風景 名産品

●春野の町

  • (浜松市天竜区春野町) 
     浜松駅から北北東約45㌔、約1時間10分(春野地域自治センター)
     東経137°54′60″ 北緯34°58′42″
     町面積:257.17k㎡(旧浜松市と同じ)
     森林面積:232.01k㎡(92%)
     標高:132.5m
     1956年(昭和31年)犬居町、熊切村が合併し「春野町」となり、翌年、気多村と合併
     2005年(平成17.7.1)浜松市他11市町村合併

« | メイン | 秋葉山秋葉寺[三尺坊] »

●秋葉山本宮秋葉神社<上社・下社> 犬居地区・領家

Kamisya  秋葉神社は秋葉山を御神体山として、上古より火防信仰の神の総本宮として崇敬され、全国津々浦々から多くの参詣者を集めています。

 最初に社殿が建ったのは、今から約1300年前の和銅2年(709年)と伝えられています。
 祭神は「火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)」で火 の主宰神とされ、神徳は「火の幸を恵み、悪火を鎮め、諸厄Shimosya諸病を祓い除く」火防開運の神です。
 お社は、秋葉山頂近くにある上社、山麓の気田川に臨む下社があります。

 もっと知りたいhappy01

 ●「秋葉山本宮秋葉神社」下社に翻る「正一位秋葉神社」の幟…
 【関連記事】「火の用心!」―秋葉神社に奉納された纏
 ●秋葉山本宮秋葉神社の少し奥の山道を下った辺り…
 【関連記事】絵葉書で振り返る北遠⑦―「遠州 秋葉山 寫眞端書」
 【関連記事】秋葉神社鎮座1300年奉祝 現代名工の四神現る
 ●秋葉山の表参道「秋葉古道」、麓の「九里橋」から山頂までの50町の1町ごとに「町石」…
 【関連記事】秋葉山本宮の1300年祝い大凧揚げる 浜松・三組町「もみじ会」が製作
 【関連記事】「七葉紅葉」―三組町「もみじ会」奉納の大凧
 【関連記事】秋葉神社神門の「四神」と対面
 【関連記事】秋葉神社鎮座1300年 大祭に全国から300人
 【関連記事】秋葉神社で鎮座1300年大祭 厳かに舞や供物奉納
 ●秋葉山表参道の宿場「坂下(さかした)」、栃川に架かる「九里橋」は…
 ●「秋葉山本宮秋葉神社随身門」前に立つ常夜燈の火袋の火口窓の形…
 【関連記事】秋葉神社裏に残る「機織井」
 ●秋葉山に登った帰り道、私たちは「高瀬道」を通り下へ下へと…
 【関連記事】江戸時代の香りを残す秋葉山「随身門」と彫刻
 【関連記事】秋葉神社下社に奉納された、巨大な「十能」「火箸」
 【関連記事】「秋葉山三夜燈」の文字が刻れた灯籠
 【関連記事】秋葉神社境内に立つ「秋葉○○○」の神号碑
 【関連記事】浮世絵に描かれた秋葉山①「掛川秋葉山遠望」歌川広重
 【関連記事】重要文化財―秋葉神社に奉納された美しい刀剣
 【関連記事】「新・浜松の自然100選 秋葉山・秋葉神社の社叢」の標識と河村宮司
 【関連記事】浮世絵に描かれた秋葉山②「秋葉道追分之図」歌川広重
 【関連記事】「日本國中御祭番附」東の10位「遠江 秋葉御祭」
 【関連記事】神道、仏教、修験道が混淆した「秋葉山境内」
 【関連記事】平成23年の幕開け―「正一位秋葉神社畧圖」に描かれた富士
 【関連記事】雪の秋葉詣①―吉兆の予感
 【関連記事】雪の秋葉詣②―山は真っ白
 【関連記事】雪の秋葉詣③―光明山の「雪煙」と白く染まった赤い九里橋
 【関連記事】雪の秋葉詣④―氷の花を咲かせる植物「シモバシラ」
 【関連記事】雪の秋葉詣⑤―ウサギとキツネの足跡
 【関連記事】雪の秋葉詣⑥―三の鳥居「金明嶺」
 【関連記事】雪の秋葉詣⑦―四の鳥居「最勝関」
 【関連記事】雪の秋葉詣⑧―子安地蔵尊
 【関連記事】雪の秋葉詣⑨―雪だるまの増殖
 【関連記事】雪の秋葉詣⑩―「有栖川宮幟仁親王」揮毫 仁王門の額
 【関連記事】雪の秋葉詣⑪―秋葉山三の鳥居
 【関連記事】雪の秋葉詣⑫―秋葉山随身門
 【関連記事】雪の秋葉詣⑬―手水の作法
 【関連記事】雪の秋葉詣⑭―お御籤を結ぶ
 【関連記事】秋葉神社の収蔵品拝見①―本朝名所 遠州秋葉山
 【関連記事】秋葉神社の収蔵品拝見②―五十三次名所圖會 廿七 懸川
 【関連記事】雪の秋葉詣⑮―歴代住職の墓
 【関連記事】秋葉神社の収蔵品拝見③―東海道名所之内 秋葉山
 【関連記事】雪の秋葉詣⑯―火災で割れた石垣
 【関連記事】雪の秋葉詣⑰―下山
 【関連記事】秋葉神社の収蔵品拝見④―人物東海道 五十三次 懸川
 【関連記事】秋葉神社の収蔵品拝見⑤―「東海道 藤枝」の「講中札」
 【関連記事】秋葉神社の収蔵品拝見⑥―狂歌入東海道 掛川
 【関連記事】秋葉神社の宝刀拝見―助宗、備前長船、月山
 【関連記事】秋葉神社の収蔵浮世絵―INDEX
 【関連記事】霞の中の秋葉詣①―ゆっくりと楽しむ
 【関連記事】霞の中の秋葉詣②―石造遺物
 【関連記事】霞の中の秋葉詣③―霞と霧
 【関連記事】霞の中の秋葉詣④―お参りの作法
 【関連記事】霞の中の秋葉詣⑤―ゴミ拾い
 【関連記事】霞の中の秋葉詣⑥―セミの抜け殻
 【関連記事】霞の中の秋葉詣⑦―シュウカイドウ
 【関連記事】いよいよ秋葉山、信州街道の終着点
 【関連記事】信州街道、秋葉道「第四十一町」の町石
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り①―ヤマジノホトトギス
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り②―ネコハギ
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り③―三尺坊のツルリンドウ
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り④―ツルニンジン
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り⑤―秋葉神社東口の鳥居跡
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り⑥―木斛(モッコク)
 【関連記事】道草ばかりの秋葉山登り⑦―ゴミ拾いしながらの下山
 【関連記事】秋葉神社参拝―「産業遺産 王子製紙・森林鉄道を辿る旅」⑤
 【関連記事】SBSラジオ「すみれの里・春野へようこそ」収録―秋葉山表参道を登る
 【関連記事】「春野へようこそ」①―秋葉神社下社の大しめ縄取り替え
 【関連記事】12月9日(金)SBSラジオ「ラジオWEST 寺田繭子のわくわく金曜日」を聴こう!
 【関連記事】「春野へようこそ」②―九里橋を渡り石畳の道へ
 【関連記事】「春野へようこそ」③―火偏が小さい「常夜燈」
 【関連記事】「春野へようこそ」④―富士山の絶景
 【関連記事】大しめ縄取り換え 火祭りへ準備 浜松・秋葉神社
 【関連記事】「穏やか」願い、大しめ縄を新調 浜松・秋葉神社上社で取り換え作業
 【関連記事】1年間楽しませてくれた秋葉山に感謝!
 【関連記事】美しい富士山を見せてくれた秋葉山に感謝!
 【関連記事】歩く楽しさを教えてくれた秋葉山に感謝!
 【関連記事】2012年 秋葉山から拝む「初日の出」
 【関連記事】「出かけよう!北遠へ」取材始め!秋葉神社の「初日の出」
 【関連記事】雪の秋葉山①―吹雪舞う白銀の世界
 【関連記事】雪の秋葉山②―♪秋葉街道・冬景色
 【関連記事】雪の秋葉山③―「信玄岩」は「修験岩」?
 【関連記事】雪の秋葉山④―子安地蔵にお礼参り
 【関連記事】雪の秋葉山⑤―秋葉神社に雪だるま
 【関連記事】雪の秋葉山⑥―新春のご祈祷とお御籤
 【関連記事】雪の秋葉山⑦―随身門完成から丸200年
 【関連記事】雪の秋葉山⑧―吹雪の帰り道
 【関連記事】雪の秋葉山⑨―雪の中でもやっぱり道草
 【関連記事】古い絵葉書に写る秋葉山「機織井」と「男池」
 【関連記事】今でも昔の風が吹く秋葉神社「随身門」
 【関連記事】山頭火と一緒に秋葉山に登る
 【関連記事】山頭火が見た秋葉山「絵日記」
 【関連記事】古い絵葉書に押された秋葉神社の記念スタンプ
 【関連記事】秋葉山に立つ「万歳碑」について
 【関連記事】昭和18年、秋葉山大火①―あの山火事だけやぁ忘れんなぁ
 【関連記事】昭和18年、秋葉山大火②―見たこともなけれやぁ、経験したなんてこたぁない
 【関連記事】昭和18年、秋葉山大火③―握り飯ぉ作って配って
 【関連記事】昭和18年、秋葉山大火④―自然の鎮火待つしか方法がない
 【関連記事】昭和18年、秋葉山大火⑤―湯を沸かした残り火から火が出た
 【関連記事】昭和18年、秋葉山大火⑥―地獄ってゞも言うか、それとも地の果て
 【関連記事】夏の秋葉山に登る①―九里橋と「至神社從是三十八○」の標石
 【関連記事】夏の秋葉山に登る②―常夜燈と「第三町」の町石
 【関連記事】夏の秋葉山に登る③―「茶屋」跡辺りまで
 【関連記事】夏の秋葉山に登る④―「鳥居」跡と倒木と「子安地蔵尊」
 【関連記事】夏の秋葉山に登る⑤―「三尺坊」仁王門の聖獣、霊獣、瑞獣
 【関連記事】夏の秋葉山に登る⑥―「随身門」辺り
 【関連記事】夏の秋葉山に登る⑦―秋葉神社上社
 【関連記事】「遠刕秋葉神社御寶物繪葉書」に見る秋葉神社収蔵品
 【関連記事】秋葉山の秋の花①―表参道のエンシュウハグマ
 【関連記事】秋葉山の秋の花②―クルマバハグマ
 【関連記事】秋葉山の秋の花③―紅白2色のツリフネソウ
 【関連記事】秋葉山の秋の花④―ゲンノショウコとコフウロ
 【関連記事】秋葉山の秋の花⑤―これが、シモバシラの花
 【関連記事】秋葉山の秋の花⑥―ヤブツルアズキとノササゲの黄色い花
 【関連記事】秋葉山の秋の花⑦―オオヤマハコベ
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る①―九里橋、石畳
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る②―小豆坂の赤石
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る③―富士見茶屋跡、二の鳥居、エンシュウハグマ
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る④―子安地蔵尊、参道一のビューポイント
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る⑤―三尺坊仁王門の仁王像と倒れた常夜燈
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る⑥―秋葉杉、天狗杉、随身門
 【関連記事】晩秋の秋葉山表参道を登る⑦―富士山とチェーンソーの音が響く帰り道
 【関連記事】SBSラジオ「ラジオWEST」収録を兼ね、秋葉山に登る
 【関連記事】12月の秋葉山ウォーキング①―九里橋、そして石畳
 【関連記事】12月の秋葉山ウォーキング②―茶屋跡、子安地蔵尊、ビューポイント
 【関連記事】12月の秋葉山ウォーキング③―火まつりを前にした三尺坊
 【関連記事】12月の秋葉山ウォーキング④―秋葉神社の火まつりは15、16日
 【関連記事】12月の秋葉山ウォーキング⑤―夕日の中の下山
 【関連記事】大しめ縄取り換え 春野町の秋葉神社
 【関連記事】火祭り前に大しめ縄取り換え 春野・秋葉神社
 【関連記事】聴いてください!14日(金)SBS「ラジオWEST 寺田繭子のわくわく金曜日」
 【関連記事】秋葉神社の宝刀拝見―「太刀 銘安縄」
 【関連記事】秋葉山雲名道に残る町石
 【関連記事】爛漫の秋葉山に登る①―八重桜と秋葉生まれの石斛
 【関連記事】爛漫の秋葉山に登る②―ウワミズザクラに見送られ
 【関連記事】爛漫の秋葉山に登る③―斑入りフモトスミレ、エイザンスミレ
 【関連記事】爛漫の秋葉山に登る④―新緑のクロモジと三尺坊のヤマザクラ
 【関連記事】爛漫の秋葉山に登る⑤―杉と高さ競うヤマザクラと振り向き坂
 【関連記事】秋葉山表参道の草書体の常夜燈
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る①―ハンショウヅルと駐車場の半鐘
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る②―赤い九里橋と赤い山桑の実
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る③―八重桜と牡丹
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る④―200メートル離れた2つの14丁の町石
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る⑤―信玄岩の大日如来
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る⑥―三尺坊の獅子と牡丹
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る⑦―烏天狗の三尺坊のカラスアゲハ
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る⑧―寺に似合いの山野草、ホウチャクソウとクリンソウ
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る⑨―表参道のモミジ
 【関連記事】ガイドブック完成!秋葉山に登る⑩―天狗杉と振り向き坂
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る①―駐車場でガイドブック販売
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る②―桑の実とクサイチゴ
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る③―丸い葉っぱでパン!
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る④―初夏の道草
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑤―大きく育った夏みかん
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑥―茶屋跡、子安地蔵、二の鳥居跡、そして一服
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑦―三尺坊秋葉寺とクリンソウ
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑧―最後の登りと新緑の随身門
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑨―矢穴痕が残る石と石垣に咲く花
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑩―手を浄めてお参り、ガイド本は売れてますか?
 【関連記事】初夏の秋葉山に登る⑪―秋葉杉と野鳥のさえずり
 【関連記事】秋葉神社の空に「七葉紅葉」の大凧揚がる
 【関連記事】八畳大だこ舞う 秋葉神社上空40メートル 中区の「もみじ会」奉納
 【関連記事】秋葉神社上社に大凧を奉納 三組町「もみじ会」
 【関連記事】秋葉山頂に大だこ舞う 伊勢神宮式年遷宮を奉祝
 【関連記事】神門描いた洋画30年ぶり奉納 秋葉神社に鈴木さん
 【関連記事】秋葉神社に奉納 夜空照らす花火 浜松・天竜区

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報